顔より「手の平」をチェック!?

顔を見るのではなくまずは手を見てみましょう

顔を見るのではなくまずは手を見てみましょう

自分の肌の色ってすぐに答えることできますか?チェックの仕方として、手のひらの色を見てみましょう!

よく手の甲に付けて選ばれている方がいるのですが、手では感触は試せても、実は色は選びづらいのです。

赤っぽければオークル系を

自分の手のひらの色が赤みを帯びていたり黄味がかっていたらオークル系の肌色です。

青っぽさがあったらピンク系

ブルーベースは「ピンクオークル」系をお使いください。ピンク系はよくマッチしてブルーベース肌の魅力である透明感がよく出ますよ♪

ファンデのタイプはコレで選ぼう

荒れやすい人はパウダーがおすすめ

荒れやすい人はパウダーがおすすめ

リキッドタイプよりも、パウダーファンデーションの方が、比較的添加物も少なく、肌には優しいのです。

カバー力を求めるならリキッドを

カバー力を求めるならリキッドを

液体状で、肌へ良く伸びて、フィット感もよく、カバー力があるものが多いのが特徴です。

肌に密着するためムラを整えるのに効果を発揮しますが、刺激が強いので、敏感肌の方には不向きでニキビの原因になることも。

めんどくさがり屋ならクリームを

めんどくさがり屋ならクリームを

クリームファンデーションはパウダーファンデーションとリキッドファンデーションの、ちょうど中間の固さのものです。

美容成分が配合されているものが多く、色むらになりにくい特徴があります。

試し塗りは「腕」に塗ってみよう

腕の内側(日に焼けていない部分)に、まずファンデーションを塗ってみてください。ここは自分の本当の肌みが分かる部分です。

手の甲につけて確認している...なんて人もいますが、それはNG!手の甲と顔や首には大きな色の差があります。

色がフィットする場合は、色が溶け込んで見えなくなります。なじまない色は、いつまでたっても肌に色が溶け込みません。

全顔に塗っちゃうのはNG

顔だけ浮いちゃうことになりがちです

顔だけ浮いちゃうことになりがちです

顔にだけ合わせてしまうと、顔だけが浮かび上がったような、不自然なカラーのメイクになってしまいます。

顔色に合わせて選ぶのではなく、首の色、つまりワントーン濃い目の色を選ぶことが重要な化粧のポイントです。

いいなと思った色は「アゴ」に!

耳の下からアゴにかけてのフェイスラインに、その色に近い1~2色とともに2~3㎝のスジ状に塗ってみましょう。

アゴ付近の首に近い輪郭線につけて薄く伸ばした時に首の色と繋がる色が正解です。

色を決めたら写真に撮ってみよう


この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

最新情報をお届けします♪

関連するまとめ

そのトレンドメイク大丈夫?気をつけたい失敗メイク

ちょっとしたことに気をつけるだけでも解消できそうです

HOSHINO / 191 view

今年はどうする?2016年クリスマスコフレ特集!

毎年冬になるとコフレが気になるあなたにおすすめ!2016年、今年のイチオシなクリスマスコフレを一足早くご紹介…

momo894 / 242 view

超かわいい♡ポーチに入れておきたい「フラワーコスメ」4選

恋愛運アップの効果があるお花をコスメで取り入れてみませんか♡今回はおすすめしたいフラワーコスメを4選載せてみ…

悠香 / 482 view

錯覚メイクでコンプレックスを隠す裏技♡

ときには、メイクにも計算が必要♪

nanasemaru / 414 view

「綺麗になったね!」簡単 垢抜けメイクで印象を変える方法♪

年齢を重ねて垢抜ける人って素敵ですよね♪でも実は簡単に垢抜け感を手にいれるテクニックをご紹介します!

HOSHINO / 387 view

関連するキーワード