「ぱっくり前髪」はベース作りが大切に

まずはドライヤーでハンドブロー♪

目指すは、サロン帰りです。
ぱっくり前髪を乗り越えよう!

解決策としては、前髪を巻く前にミスト状のトリートメントや水で髪を濡らしてドライヤーでハンドブローします♪

自分の生えクセをチェックしながら、右から左に乾かすのがGOOD!

「ふんわり前髪」は立体感を大切に

トップの髪も根元まで巻き込む

トップの髪も根元まで巻き込む

やわらかさが可愛い♡

トップの髪も根元まで巻き込むと高い位置から動きが出てシルエットが柔らかくなります♪

立体感を出すために、分けて巻く

立体感を出すために、分けて巻く

前髪を上下2つにわけて巻く事で、乗っかって流れてくれ、立体的に。やわらかく仕上がりますので断然可愛くなります♪

また、毛先ワンカールを全体にしたいときは、表面の髪だけををさらに内巻きして「ふんわり」させるのがテッパン♪

前髪は予熱で巻く

予熱の方が痛みにくいので、髪にも◎

予熱の方が痛みにくいので、髪にも◎

一番怖いのがやりすぎ、巻きすぎ。コテは余熱でやると失敗が少ないです

ワックスをつけたら、指でつまんで束感を

ワックスをつけたら、指でつまんで束感を

スプレータイプのワックスをかるくつけるくらいでOK!
最後に指でつまんで束感を出したら完成♪

「流し前髪」は伸びてきた時にピッタリ

コテはななめにして巻く

コテはななめにして巻く

ややななめに巻くことで、巻き上がりで流れるかたちができます!

かわいくみえるポイントは、流し部分少なめ♪

かわいくみえるポイントは、流し部分少なめ♪

流しバングは前髪の流し部分をあまり大きく作らないようにするのがポイント♪
分け目は、目が大きくみえる方にすることで、セットするとGOOD!

「かきあげ前髪」はドライヤーで作る

かき上げたい方と逆に乾かす

かき上げたい方と逆に乾かす

乾かす時は、かき上げたいほうとは真逆に乾かして、8割くらい乾いたら元に戻します♪

温風→冷風で形を作る

温風→冷風で形を作る

温風で後ろ向きに乾かします。そのまま冷風に切り替えて冷まします。髪が形を作るのは「温めて冷めた時」です♪


この記事が気に入ったら
いいね!してね♡

最新情報をお届けします♪

関連するまとめ

あなたの髪は大丈夫?トリートメントの本当の使い方

実は結構間違っている人が多いみたいですね!

Cute / 184 view

急なイベントも安心♪ママにもできる、ディズニープリンセスヘア

子供からの急なリクエストにも困らないように、簡単にまとめてみました♪参考にしてください。

greenlabel / 107 view

関連するキーワード